北野坂木下

素材の持ち味を最大限に引き出した、『木下』でしか食べられない一皿を

イタリアから帰国後、学んできた伝統料理を深めながらも現代料理のテクニックや理論等も追いかけてきました。0.1℃単位まで計算された火入れや、最新機器を使いこなし、新しい食感や風味等、細部までにこだわりつつ、料理を作り続けてきました。

北野坂木下では「素材の持てる力を最大限に引き出す」が料理のテーマ。
イタリアでの経験も踏まえながらも日本人として生まれ、日本を旅して、そこで出会った生産者と最高の食材、作家さんの思いや作品を通じて、感じたことを、心をこめて、一皿に表現していきます。

日々精進、日々感謝

2020.5.14オーナーシェフ 木下 憲幸

Cuisine Idea

プロフィール

大阪のイタリア料理店で修行を開始し、25歳で渡伊。

「Dolce Still Novo」(☆)(トリノ)
「Frosio」(☆)(ベルガモ)
「Osteria Veglio」(アルバ)
「LA Peca」(☆☆)(ヴィチェンツァ)
  • 4軒の星付リストランテで修行し、各ポジションシェフ等も経験する。
  • 帰国後、飲食店のマネジメント等やシェフを経て
  • 「Ristorante Due」のシェフを経て
  • 2020年5月「北野坂 木下」をオープン。

経歴

  • 全国イタリア料理コンクール準優勝
  • ミシュラン兵庫掲載
  • Hanako おいしい店グランプリ
    イタリア料理 グランプリオブグランプリ受賞
  • 4年に一度 大阪食博覧会インテックス大阪にて 大阪ガスブースにて登壇
  • 関西食文化研究会 プロ向け200名様「出汁」をテーマに登壇
  • 神戸別品博覧会にて、デザートメニューを監修
  • 朝日放送「LIFE〜夢のカタチ〜」ドキュメンタリー番組に出演
  • 様々なメディア、TV等にも出演

食材・炭・器

  • 田野屋 塩二郎(完全天日塩)
  • 新居(松葉カニ、エビ、イカ、山菜)(浜坂)
  • 田幸一(魚介類全般)(兵庫)
  • 鶴一(鯛)(明石)
  • たかくわ(雲丹、魚介類)
  • ノーザンエクスプレス(トリュフ、ポルチーニ)
  • 奥田トマト(淡路)
  • 川崎農園(野菜)
  • Farmハウス(山田錦)(姫路)
  • 紀州備長炭 佐野公一
  • Buon Gusto(イタリア食材)
  • 和田山 真央(器)
  • yamaheigama(器)
  • loutas(デザイン)
  • Labo(店舗施工)
  • IRONCO(板金)

Access

お知らせ

  • 2020.10.26

    MeetsRegional別冊「うまい本2021」にて「北野坂 木下」が掲載されました。

    うまい本 2021 今、食べたい。大阪・京都・神戸の全333皿。
    うまい本 2021 今、食べたい。大阪・京都・神戸の全333皿。
  • 2020.10.11

    年末年始の営業について
    年末は、12月31日(17時〜)まで営業致します。年始は、1月7日ランチ営業から開始となります。

  • 2020.09.13

    11月のお休みは、1日(日)・8日(日)・11日(水)・15日(日)・18日(水)・22日(日)・29日(日)です。

  • 2020.09.13

    10月のお休みは、4日(日)・5日(月)・11日(日)・18日(日)・25日(日)です。

  • 2020.09.13

    関西食文化研究会」にて、「北野坂 木下」が掲載されました。

  • 2020.08.22

    8月21日(金)に発売されるグルメ情報誌「あまから手帖」に表紙と特集ページにて「北野坂 木下」が掲載されました。

    あまから手帖 北野坂 木下

Philosophy

技術では素材をこえられない

浜坂漁港から届く松葉カニやモサ海老、白イカ、天然の山菜、明石や淡路の鯛、ハモや天然のうなぎ、淡路奥田トマト、姫路の山田錦、丹波のジビエ類等、市場には流通していない、最高の食材が北〜南までの兵庫県の生産者から直接北野坂木下のキッチンに届きます。

イタリアのリストランテで学んできた、食材の組み合わせから生まれる未知の味や香りも大切にしつつも、余計な物は排除して、一皿を作ります。

和歌山、佐野公一氏が作る、紀州備長炭と薪で火入れ、肉や魚の味を更に美味しくするために、田野屋塩二郎にオーダーメイドをする完全天日干しの塩と、様々な「うまみの出汁」を使用し、素材の良さを最大限に引き出します。

Profile

Partners

北野坂木下

  • 神戸市中央区中山手通1-24-14 ペンシルビル2F Google Map
  • 電話番号
    078-221-2261
  • 営業時間
    [火~土]予約制 12:00~14:30 (12:00一斉スタート)
    [月~土]予約制 18:00~20:30 (L.O.)
  • 定休日
    日曜日・月2回不定休

Topics

北野坂木下

素材の持ち味を最大限に引き出した、
『木下』でしか食べられない一皿を

イタリアから帰国後、学んできた伝統料理を深めながらも、現代料理のテクニックや理論等も追いかけて、0.1℃単位まで計算された火入れや、最新機器を使いこなして、新しい食感や風味等、細部までにこだわって料理をしてきました。

北野坂木下では「素材の持てる力を最大限に引き出す」が料理のテーマ。
イタリアでの経験も踏まえながらも日本人として生まれ、日本を旅して、そこで出会った生産者と最高の食材、作家さんの思いや作品を通じて、感じたことを、心をこめて、一皿に表現していきます。

日々精進、日々感謝

2020.5.14オーナーシェフ 木下 憲幸

技術では素材をこえられない

浜坂漁港から届く松葉カニやモサ海老、白イカ、天然の山菜、明石や淡路の鯛、ハモや天然のうなぎ、淡路奥田トマト、姫路の山田錦、丹波のジビエ類等、市場には流通していない、最高の食材が北〜南までの兵庫県の生産者から直接北野坂木下のキッチンに届きます。

イタリアのリストランテで学んできた、食材の組み合わせから生まれる未知の味や香りも大切にしつつも、余計な物は排除して、一皿を作ります。

和歌山、佐野公一氏が作る、紀州備長炭と薪で火入れ、肉や魚の味を更に美味しくするために、田野屋塩二郎にオーダーメイドをする完全天日干しの塩と、様々な「うまみの出汁」を使用し、素材の良さを最大限に引き出します。

プロフィール

大阪のイタリア料理店で修行を開始し、25歳で渡伊。

「Dolce Still Novo」(☆)(トリノ)
「Frosio」(☆)(ベルガモ)
「Osteria Veglio」(アルバ)
「LA Peca」(☆☆)(ヴィチェンツァ)
  • 4軒の星付リストランテで修行し、各ポジションシェフ等も経験する。
  • 帰国後、飲食店のマネジメント等やシェフを経て
  • 「Ristorante Due」のシェフを経て
  • 2020年5月「北野坂 木下」をオープン。

経歴

  • 全国イタリア料理コンクール準優勝
  • ミシュラン兵庫掲載
  • Hanako おいしい店グランプリ
    イタリア料理 グランプリオブグランプリ受賞
  • 4年に一度 大阪食博覧会インテックス大阪にて 大阪ガスブースにて登壇
  • 関西食文化研究会 プロ向け200名様「出汁」をテーマに登壇
  • 神戸別品博覧会にて、デザートメニューを監修
  • 朝日放送「LIFE〜夢のカタチ〜」ドキュメンタリー番組に出演
  • 様々なメディア、TV等にも出演

食材・炭・器

  • 田野屋 塩二郎(完全天日塩)
  • 新居(松葉カニ、エビ、イカ、山菜)(浜坂)
  • 田幸一(魚介類全般)(兵庫)
  • 鶴一(鯛)(明石)
  • たかくわ(雲丹、魚介類)
  • ノーザンエクスプレス(トリュフ、ポルチーニ)
  • 奥田トマト(淡路)
  • 川崎農園(野菜)
  • Farmハウス(山田錦)(姫路)
  • 紀州備長炭 佐野公一
  • Buon Gusto(イタリア食材)
  • 和田山 真央(器)
  • yamaheigama(器)
  • loutas(デザイン)
  • Labo(店舗施工)
  • IRONCO(板金)

北野坂木下

  • 神戸市中央区中山手通1-24-14 ペンシルビル2F Google Map
  • 電話番号
    078-221-2261
  • 営業時間
    [火~土]予約制 12:00~14:30 (12:00一斉スタート)
    [月~土]予約制 18:00~20:30 (L.O.)
  • 定休日
    日曜日・月2回不定休

お知らせ

  • 2020.10.26

    MeetsRegional別冊「うまい本2021」にて「北野坂 木下」が掲載されました。

    うまい本 2021 今、食べたい。大阪・京都・神戸の全333皿。
    うまい本 2021 今、食べたい。大阪・京都・神戸の全333皿。
  • 2020.10.11

    年末年始の営業について
    年末は、12月31日(17時〜)まで営業致します。年始は、1月7日ランチ営業から開始となります。

  • 2020.09.13

    11月のお休みは、1日(日)・8日(日)・11日(水)・15日(日)・18日(水)・22日(日)・29日(日)です。

  • 2020.09.13

    10月のお休みは、4日(日)・5日(月)・11日(日)・18日(日)・25日(日)です。

  • 2020.09.13

    関西食文化研究会」にて、「北野坂 木下」が掲載されました。

  • 2020.08.22

    8月21日(金)に発売されるグルメ情報誌「あまから手帖」に表紙と特集ページにて「北野坂 木下」が掲載されました。

    あまから手帖 北野坂 木下